春の植物

インテリアにグリーンを…となればインテリアのカテゴリなのですが、多肉と盆栽はほぼ外に出しており、エアプランツは昼間は風に当てるためにカーテンにつるして、夜は水をやって乾かすためにベランダにつるすので結果的に全くインテリアになっていません(;・∀・)盆栽カテゴリとかに登録した方がいいのだろうか…。

 

さて、GWですが絶賛仕事中です。

でもこの季節は植物も成長の時。ここ最近すっかり盆栽にハマってしまい、もう一鉢くらいなら増やせるか?とホームセンターに行ってみました。

しかし近場のホームセンターは管理がよくなさそうで、枯れた苔玉が端っこに置いてあったり…。本当は元気のない盆栽を買って、うちで元気にしてあげられればいいのでしょうが、赤の指(緑の指の逆で枯らしてしまう…)の私にはその自信がありません。

ピンとくるものがなくしばらく色々見て回っていたのですが、「あ、これ盆栽にしてる人ネットでよく見る!」と気づき、大きさもお値段も手頃でポットを買ってきました。

f:id:padparacha:20170503170524j:plain

ツツジの仲間、ミヤマキリシマの松月という種類だそうです。ポットの中でも元気がありそうで、白い花が素敵で購入しました。花が終わったらいっしょに買ってきた鉢に植え替えたいです。

実は今育てているクチナシは苗木状態で、根っこが針金をかけるほど育っておらず、多分この松月が私が針金をかけたり、盆栽らしい手入れをする初めての子になるのではないかと…。ツツジは育てやすいらしいので、楽しみです。

ここまで立派な盆栽にできればいいなぁ。

霧島というと、どうしてもこの子を思い出すオタクです…。

昨日から始まったイベント、仕事もあるし資材もバケツも全然貯めてないし、スルーかなぁ(;∀;)

 

閑話休題。更に、苔盆栽を日に当てていたらベランダに落として器を割ってしまい、慌てて植え替えました。

f:id:padparacha:20170503172002j:plain

実は底に穴も開けない100均の食器ですが、苔だしまあよかろうということで。

しかしこうしてみると、以前のものより「草原」っぽく見えるような。

盆栽は小さな器の中に自然の風景を創るもの。そのために樹形を整えたり、針金をかけたりします。「不自然」にそうするのではなく、自然が風や雪や日照で何十年もかけて木の形を変えるのを、人間は(自然よりは)時間をかけないようにするために針金などの力で同じことをするわけですね。

と、盆栽歴半年の私が偉そうに語ってしまいましたが…苔盆栽も森や草原に見えれば成功ということで、これは災い転じて福となしたのでしょうか?

 

そして多肉ですが、買ってきた年以外は全く伸び放題になるしかなかったこいつに蕾がついていました。

f:id:padparacha:20170503172816j:plain

わー久しぶりに見た!おっひさ~!

ちゃんと整えて、肥料も混ぜ込んだのでそれがよかったみたいですね。やっぱり小さな鉢に植えているものは、地面に植えているものよりも、もっとちゃんと手をかけてあげた方が良さそうです。

植物も責任を持ってお世話すれば、もしかしたら主人よりも長生きできますもんね…樹齢100年を超える盆栽、ロマンです。

 


一人暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする