読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断捨離とスピリチュアル

お金を増やしたい! ゆるりと暮らす

先日買い取りに出したCDとバッグですが。

■CD■

で約2万円

■バッグ■

  • ハンドバッグ(使用感:小)
  • ショルダーバッグ(使用感:大)
  • 財布(使用感:大)
  • リング(合金・スワロ)

全てジャンポール・ゴルチエで約2500円でした。

今結構買い物をしているので、補填できて助かります。CDはまだまだあります…。ゲーム音楽系を募集しているお店に売却したおかげか、かなりいい値段で引き取っていただきました。

バッグは使い倒しているし、ゴルチエ最近見ないな…という感じで、予想通り買取価格はそれほど高くないのですが、捨てる事に比べれば全然ありがたいことです。ちなみに、一番評価額が高かったのはリングでした。

 

断捨離している人々

以前にも書きましたが、こうしてどんどん物を捨てていくと、だんだん気持ちよくなってきます。

目に見えて成果が出ますし、すっきりしますしね。私も、散らかっているよりも全然良いことだと思います。

 そして、収納術などをネットで見ていると自然と目に入ってくる断捨離ブログ。読んでいると楽しいしためになるので、ついつい読みふけってしまいます。そうすると、検索で上位に出てくるようなブログには共通点があるように思えてきました。

(この後、もしかしたら批難・揶揄していると思われる記述があるかもしれませんが、そのような意図は全くないことを予め記しておきます)

 

1.30代~50代くらいの主婦の方が多い

ざっと見なので見落としなどあるかもしれませんが、何故か一人暮らしの方のブログを見かけることはありませんでした(私はそれが見たいのに!)。

検索の上位から見ているので、少なくとも人気・有名ブロガーさんがご家庭を持っている確率は非常に高い…といいますか、多分一人よりも数人で暮らしていて、家事を担いがちなこの層が必然的に断捨離に興味をもつことが多いのでしょうね。

 

2.お金に関しての意識も高い

こちらも年代・家族構成等で一人暮らしや20代の方よりも傾向が強いのだと思いますが、投資信託をしていたり、節約を工夫していたりする方が多いです。

よく「断舎離するとお金も貯まる」といいますが、断舎離するからお金が貯まるのか、お金を貯めるために断舎離するのか、ちょっと気になるところです。

私は結構「あわよくば、お金のために断捨離」タイプです…。金のためなら違法なこと以外は辞さない所存でガツガツしていきたい。なんだかんだ言うて世の中ゼニやで。

 

3.無印良品がお好きな方が多い

やはり「シンプル」「ナチュラル」「手に入りやすい」という条件を満たすと無印になっていくのでしょうか。

個人的には「案外、ちょっとお高め」な無印の値段設定です。貧乏なので…。テイストは好きです。そういえば、無印の「はと麦+レモングラス」がすごい好きです。

www.muji.net

4.哲学に向かう方も多い

「断舎離すれば良いことが舞い込む」というのは、物が減って~云々という根拠は分かるけどちょっとスピリチュアルですよね。

物を捨てる、執着をなくす…人は断捨離をすると自分の内側と向き合わざるを得ないのでしょうか。それとも、哲学的な素養がある方が断捨離にハマるのでしょうか。なぜか、断捨離ブログの方々は人生を真摯に見つめている方が多いように思います。

なんというか…「生活のため」から、「生き方」に変わっていく方が多いといろいろなブログを読んでいて感じました。

 

私だってスピリチュアルには興味もあるし、パワーストーンとか好きだし、掃除するだけで人生が良くなるならやっていきたいですが!

でも語弊があるかもしれませんが、何故か断捨離ブログをされている方がストイックに同じ方向を向いている傾向にあるので、少しだけ、ちょっとだけ怖くも感じてしまいました…。申し訳ありません…。

 

こんまりさんをこの記事で知りました

そんな断捨離の本でものすごいベストセラーになっているというこんまりさん、私は全く存じ上げず、こちらの記事で知りました。

news.denfaminicogamer.jp

もう久々にリアルで吹き出したので、ものすごくこんまりさんが大好き!もう信者!という方以外は読んでみてください(こんまりさん大好きな方は読んでいて腹が立っちゃうかも…)。

ただ、はっとする指摘もいくつかありました。

 麻野:「捨てられないことの根本には、恐怖と不安があるんじゃないかな」

 等。

 

でも…

資本主義社会の一員としては、ミニマリストってどうなんでしょう?

景気が低迷しているのは経済が回っていないから、というのはわかりやすい原因の一つですが、ミニマリストは消費から脱却しようとしている人々です。

日本はただでさえ内需が弱く、これから少子化で人口も減っていくでしょう。もう日本経済が国際社会で「強く」なることはないかもしれません。

 

もちろん、無駄遣いしたり、いたずらに資源を消費するのは私も大嫌いです。何も持たず、最小限の気に入ったものたちに囲まれて暮らすというのは本当に憧れます。私もそうなりたい。

…でも、みんながみんなそうなった社会って…どうなんだろう、ともちょっと思ってしまうのでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村