読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春の植物

インテリアにグリーンを…となればインテリアのカテゴリなのですが、多肉と盆栽はほぼ外に出しており、エアプランツは昼間は風に当てるためにカーテンにつるして、夜は水をやって乾かすためにベランダにつるすので結果的に全くインテリアになっていません(;・∀・)盆栽カテゴリとかに登録した方がいいのだろうか…。

 

さて、GWですが絶賛仕事中です。

でもこの季節は植物も成長の時。ここ最近すっかり盆栽にハマってしまい、もう一鉢くらいなら増やせるか?とホームセンターに行ってみました。

しかし近場のホームセンターは管理がよくなさそうで、枯れた苔玉が端っこに置いてあったり…。本当は元気のない盆栽を買って、うちで元気にしてあげられればいいのでしょうが、赤の指(緑の指の逆で枯らしてしまう…)の私にはその自信がありません。

ピンとくるものがなくしばらく色々見て回っていたのですが、「あ、これ盆栽にしてる人ネットでよく見る!」と気づき、大きさもお値段も手頃でポットを買ってきました。

f:id:padparacha:20170503170524j:plain

ツツジの仲間、ミヤマキリシマの松月という種類だそうです。ポットの中でも元気がありそうで、白い花が素敵で購入しました。花が終わったらいっしょに買ってきた鉢に植え替えたいです。

実は今育てているクチナシは苗木状態で、根っこが針金をかけるほど育っておらず、多分この松月が私が針金をかけたり、盆栽らしい手入れをする初めての子になるのではないかと…。ツツジは育てやすいらしいので、楽しみです。

ここまで立派な盆栽にできればいいなぁ。

霧島というと、どうしてもこの子を思い出すオタクです…。

昨日から始まったイベント、仕事もあるし資材もバケツも全然貯めてないし、スルーかなぁ(;∀;)

 

閑話休題。更に、苔盆栽を日に当てていたらベランダに落として器を割ってしまい、慌てて植え替えました。

f:id:padparacha:20170503172002j:plain

実は底に穴も開けない100均の食器ですが、苔だしまあよかろうということで。

しかしこうしてみると、以前のものより「草原」っぽく見えるような。

盆栽は小さな器の中に自然の風景を創るもの。そのために樹形を整えたり、針金をかけたりします。「不自然」にそうするのではなく、自然が風や雪や日照で何十年もかけて木の形を変えるのを、人間は(自然よりは)時間をかけないようにするために針金などの力で同じことをするわけですね。

と、盆栽歴半年の私が偉そうに語ってしまいましたが…苔盆栽も森や草原に見えれば成功ということで、これは災い転じて福となしたのでしょうか?

 

そして多肉ですが、買ってきた年以外は全く伸び放題になるしかなかったこいつに蕾がついていました。

f:id:padparacha:20170503172816j:plain

わー久しぶりに見た!おっひさ~!

ちゃんと整えて、肥料も混ぜ込んだのでそれがよかったみたいですね。やっぱり小さな鉢に植えているものは、地面に植えているものよりも、もっとちゃんと手をかけてあげた方が良さそうです。

植物も責任を持ってお世話すれば、もしかしたら主人よりも長生きできますもんね…樹齢100年を超える盆栽、ロマンです。

 


一人暮らし ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

iittala Flora解禁と無印週間

f:id:padparacha:20170423214337j:plain

気温もいい感じに上がってきたので、冬に買ったFloraを解禁しました。やっぱり綺麗ですね~(*´▽`人)

セビリアオレンジもほしいなあ。

おやつは新しく出来てたので入ってみた、パン屋さんのケーク・ド・オランジュ。濃厚で美味しいです。お高かったのでちまちま食べてます…。

 

ここ最近諸事情で毎日街の方に行っていたのですが、無印週間が始まったので今日帰りに立ち寄ってみました。

目的はこれ。

f:id:padparacha:20170423214547j:plain

www.muji.netこんな単純な箱でも不器用すぎて組み立てが大雑把で、ちょっと曲がったり、取っ手部分を抜き忘れたりしてます…(写真を撮ってから気づいた)。

以前はセリアのダンボールを使っていて、またダンボールかよ!という感じですが、見た目と容量でいいな、と思っていたのです。セリアの箱二つ分の荷物が(多少捨てましたが)全部入ったのですっきりしました。

ダンボールなので、湿ったらなんか色々嫌なことになりそうで中にはカメラ用の除湿剤を入れてあります。

今まで使っていたセリアの箱はクローゼットに移動して、とっちらかっていた諸々を入れようかなと。

 

他には食品を幾つか購入。冒頭の写真のグラスに入っているのは夏っぽ!と衝動買してしまったアップル&エルダーフラワーです。

www.muji.net

ほんのりりんご味。でもその中になんとなく…これがエルダーフラワーとやらでしょうか。なんだかすごくナチュラルオシャンティな感じです。あんまり甘くないのでジュースというよりは、夏場に日陰でゆっくり水分補給のために飲みたい感じ。

実家は炭酸水を酒を割る以外に何に使うのか?という体たらくだったのですが、一人暮らしを始めてからこういうのに憧れてたんですよね…。

そういえば、甘くない炭酸水はずっと昔にイタリアで購入して以来なのですが、イタリアでそのまま飲んだときは苦くてなんだか飲みきれなかったのを憶えています。あれは硬水だったからなのでしょうか。

 

そして帰ってきてレンジフードをガッツリ掃除。こうしていると、夜型で午後から活動するのであっという間に日が暮れていきます。

でも、夏がくるまでしばらくは日が長い日が続いて、夜の7時前くらいまではまだ空がほんのり明るさを残していますね。風も気持ちいいし、いい季節です。

 


一人暮らしインテリア ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
にほんブログ村

ピンクの石たち

f:id:padparacha:20170421222254j:plain

うちにあるピンクの石をルース含めて集めてみました。

左上ピンクトルマリン、左下インペリアルトパーズ、真ん中がマラヤガーネット、右が以前にも出したパパラチャと、カボションはスターサファイアです。

ピンクトルマリンが濃く写ってしまいましたが、真ん中のマラヤを除きほぼオレンジみのピンクです。この色が好きなんです…。

マラヤはピンクに傾いた赤みのパープルでしょうか…カラーチェンジがはっきりしている写真に惹かれてebayで購入しましたが、家では確認できず…!

 

f:id:padparacha:20170421222626j:plain

ピンクトルマリン。ラフカットで真鍮の枠にはまったピンキーです。ハンドメイド作家さんから購入しました。

いちごゼリーのようなぷるんとした透明度と甘い色合いですが、真鍮の枠が落ち着いています。真鍮という素材も好きなんですよねえ。

 

f:id:padparacha:20170421223516j:plain

インペリアルトパーズです。

こちらのお店で購入。インペリアルトパーズは黄色が多く(その為シトリンに「シトリントパーズ」というコマーシャルネームを付けて高く売ろうとしたほど)、いい感じのシェリーカラーのピンクを結構探した記憶があります。

石座がほぼオープンなためかテリがとても良く、小粒ですがキラキラ輝きます。

 

f:id:padparacha:20170421230229j:plain

サファイア群の中で一番大きなパパラチャはラボメイド(人工サファイア)です。人工らしく色むらもなく、インクルージョンも全く無く(下の方に光のムラがあるのはすみません、指紋です。この石はすごく指紋がつきやすくて…)、大きいです。5ctアップですね。

きれいな上に安く、好きな色合いで、天然のパパラチャを探すときのカラーのマスターストーンになりました。

人工ですが余裕があったら何かに加工したいですね…。

f:id:padparacha:20170421224058j:plain

スターサファイアはスターを何とか撮ろうとしましたが、この石どうも真ん中にスターが出ないみたいでなかなか難しいです。かなり昔に購入しました。

石の情報には色が「シルバー」と書いてあったのですが、肉眼で見てもグレーみのピンクです。この写真はちょっとかわいく写り過ぎかもですが…。

石の中にラインが入っていたり、それほどクオリティの高い石ではありませんが、サファイアらしく硬質な輝きと絶妙な透明感で、なかなか味のある石です。

グレーダイヤモンドなんかとリングにしたら可愛いかもしれません。私に無限にお金があれば…!

 

と、ルースも何をどうするでもなく結構あるのですが、インペリアルトパーズ以外はすごいプチプラな石たちばかりです。確か4000円超えてるのはないんじゃなかったでしょうか。

流石にインペリアルトパーズはちょっとお高かったですが…。

ルースは大抵お手頃に買えて、カットされた石の魅力を存分に味わえるのでルース専門のコレクターさんがいらっしゃるのもよくわかります。

でも身につけたいとも思うんですよね。私に無限にお金があr

 

(´Д⊂宝くじ買おうかな!

 


アクセサリー ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

広告を非表示にする

ピンクファイアークォーツとか

f:id:padparacha:20170418160941j:plain

実は存在を知ったときにはあまり興味はなかったのですが、採れたのが全世界で今のところたった30kg、ということを知るとコレクター魂が疼いてしまい、急に欲しくなったピンクファイアークォーツ。

中に入っている鉱物が光を反射してピンクに光ることからこの名前がつきました。妖精が杖を振って振りまく粉にも見えることから、ティンカーベルクォーツという可愛らしい別名も。

内包されているのは当初コベライトと言われており、コベライト・イン・クォーツという名前もあったのですが、後に実はヘマタイトらしいということがわかったそうです。

光を反射していないときは内包物はただの黒い点々ですが、強い光を上手く当てるとショッキングピンクに光ります。なかなか撮るのが難しい…!

f:id:padparacha:20170418161617j:plain

このピンクファイアを実際に目で見てみたくて購入しました。しかしちょっと失敗したな、と思ったのは、このルース表面にカットが施されていること。

ググっていただければ分かるかと思いますが、ピンクファイアークォーツは大体カボションにされています。

カットされていると、カット面が光を反射してメインのファイアの方が上手く見えなくなってしまうんですね…。そしてレンズ効果のあるカボションの方が多分、ピンクファイアをじっくり観察できるのではないでしょうか。

でも、買う際に「ピンクファイアは角度で見えたり見えなかったりするから、石自体を楽しめるようにカット入ったやつがいい。このちょっとスモーキーなとこもいい」とほぼ一目惚れだったのを信じたので、気に入っていないわけではないです…ファイアはちょっとカボションで観察したほうが良かったかな、と。

 

元が水晶だと思うとお高めですが、まあロウカンやパパラチャサファイアやパライバに比べれば…(´-`)というところですね。結構ネット通販では見かけますし、割りと皆大粒(さすが水晶)なので、希少度の割には今のところ入手しやすい石かな、と思います。

 

余談ですが、このファイア…私が小さい頃に見た「サンタクロース」という映画がありまして、その中で魔法の粉をかけた餌を食べさせたトナカイが空を飛べる、という設定でした。そしてその魔法の粉がこういう色、こういう光り方だったのですが、映画のノベライズを読むとそれが「ゴキブリ色」と表現されていまして…。

当初あまり興味がなかったのはそのせいもあったのかもしれません(;´∀`)

サンタクロース [Blu-ray]

サンタクロース [Blu-ray]

 

 あ、ソフトがあったよ!これです!

なかなか情報を見かけないのでマイナー映画だと思っていました…見たのも随分小さい頃ですし。でも私の中で結構キラキラした思い出の映画となっております。

 

 

f:id:padparacha:20170418164028j:plain

 光が当たっていないときは右のような渋い姿です。

左はついでに撮ったデンドリチッククォーツ。アゲートが有名ですが、クォーツにもデンドリチック(植物のように見える内包)があります。

ヨーロッパの森の夕焼けのような風景でこちらも気に入っています。11ctと大きいので、いつかアンティークデザインなペンダントかブローチにしたいなあと思っています。

ピンクファイアークォーツの方は、ノープランですが…こちらはルースのままの方がいいかな、と思います。裏側から見た方がファイアがよく光るのです。

 

うちには結構ルースもあるので、もう一個くらい記事を書きたいな、と思います。

 


アクセサリー ブログランキングへ

にほんブログ村 ファッションブログ アクセサリーへ
にほんブログ村

ちまちまとローコストに

盆栽を植え替えてから、多肉を植えていた陶器の鉢の重さも管理しづらいな~と気になり、こちらも植え替えました。

f:id:padparacha:20170417041411j:plain

鉢はダイソーで三個セットのもの、木製のトレイ?はセリアという安上がりです。

伸びすぎて形が悪くなっていたので整え、新しい芽を選別して植え替えました。元気に育ってくれるといいのですが、様子見で…しかし、何年か前の冬にほぼ全滅した緑のにょろにょろ伸びる(種類がわかりません)やつは、ほんの少しだけ残っていたものを土に挿していたらここまで伸びたので、多肉は強い子、やってくれると思います。

 

また、差し色問題で「あ、金色とかどうだろう?」と思いたち…

f:id:padparacha:20170417041756j:plain

白木で部屋から浮いていた鏡の縁にマステを貼ってみました。

ちょっとよれたり曲がったりしてしまいましたが、遠目から見ればわからないから大丈夫!そしてゴールド感は薄いものの、部屋からは浮かなくなりました。実はこういう柄柄しているのが好きだったりします…。

そして、購入時に金と黒、どちらにするか迷った末に結局黒にしたポスターのフレームにも貼ってみました。

f:id:padparacha:20170417042124j:plain

また金のフレームを買ってもいいのですが、そうなると使わない方のフレームは結構場所を取るし…イメージ違いだと怖いし…と試しにやってみたわけですが、なんかもうこれでいい気もしますw

黒のときより白い壁にフレームが馴染んで明るくなりました。ただ、想定より青金寄りですね…。

ちょっと安上がりすぎるかもしれませんが、飽きたらはがせるし、しばらくはこのままにしてみます。

 

そしてしばらく前に購入したティッシュケース、以前のミッドセンチュリー好きのときに買った赤いプラスチックの球体のケースより落ち着いて、少しは年齢なりの部屋になったかな…?(部屋が学生のようだというのは自覚しています…)

色々探しましたが、横置きよりも場所を取らないのでこれに決めました。質感はお値段なりですが、ティッシュを収納するものにかけるコストとしては自分の妥協点です。使い勝手はいいので満足しています(´∀`)

 

こうして結局なんだかんだと買い物をして、100均にもちょこちょこ行ってしまっています。そんな中でも「具体的な使い道も機能もなく、買っても置いておくだけ」だと最初から分かっているものはもう増やさない!と避けていたのですが、とうとう衝動買いしてしまいました。

f:id:padparacha:20170417043801j:plain

セリアで宇宙テイストのものを特集ディスプレイしていた中にあった、月のペーパーウェイトです。

ウェイトするペーパーもないし、ガラスの底に月のシートが貼ってあるだけなんですけど、この色あいに惹かれてしまって…。100円だからいいか、とついつい買ってしまいました。この100円だから~というのも、これが積み重なると物が増えるので自己嫌悪な感じです。

が…今、モニター横に置いているとやっぱりちょっといい感じだなあ、とも思うのです。

 


一人暮らしインテリア ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
にほんブログ村

お部屋の色彩設計

部屋に差し色を入れたいと先日書きましたが、その際の私なりの考え方を書いてみたいと思います。デザインをかじったことのある方はもうご存知のことばかりかとは思いますし、自己流ですが…。

 

色彩設計の基本

まずは色彩設計の考え方として、大体の色を三色で管理する、というものがあります。

メインカラー3:サブカラー2:アクセントカラー1

これが基本的な配分となります。商品パッケージなどもだいたいこんな感じになっているそうです。

ただ、これは一つの考え方であり、これが絶対というわけではないです。

かつて「人々が夢見た西方浄土」へ、いま旅することのできる、34枚の極彩色:DDN JAPAN

こんなに鮮やかな色の数が多くても、不思議とまとまるシーンもありますしね。

 

ただ、色の要素色相(色の種類)・彩度(色の鮮やかさ)・明度(色の明るさ)のうち、色相が多く彩度が高いほどまとめるにはセンスが必要になります。いわゆる色がごちゃごちゃする、という現象です。

なので、インテリアとしては壁の色や建具、家具などに沿って低い彩度で色をまとめるのが、一番簡単で管理しやすい設計となります。

 

f:id:padparacha:20170411205819j:plain

こちらの画像はオタク御用達SAIのカラーパレットですが、外側の虹のように色が連なっているのが色相環、内側の正方形の中は明度と彩度の調整枠になっています。

この色相環の向かい合う色同士が補色といい、お互いが一番目立つ組み合わせになります。一番強い補色が白と黒で、遠くからでも目立つのでパトカーは白黒なんですね。

インテリアで白黒にハマる方が多いのは多分、このコントラストの強さがありながら彩度が無いのでまとめやすく、他の色を持ってきやすい、ということがあるのではないかと思います。色数が少ないと洗練させやすいですしね。

 

アクセントカラーにはメインカラーの補色を持ってくる、というのが常套手段になります。同じような色相や彩度でまとめると、ぼんやりしてしまうのでコントラストをつけるわけです。

白黒の場合既に補色同士の組み合わせです。なので、彩度が高い色を持ってきてコントラストを強め、フレッシュなイメージにするか、彩度の低い色を組み合わせて落ち着かせるか、という選択の幅があるのも魅力です。

 

で、アンタの部屋はどうなのさ

f:id:padparacha:20170411203448j:plain

さて、こちらは私の部屋。代わり映えしない画像で申し訳ありません。

ここから多い色を三色抽出すると、壁の白を除き

f:id:padparacha:20170411210611j:plain

このような感じになります。それぞれカーテン、家具やフローリング、ラグとなります。インテリアには他にも材質の質感などの要素もありますが、ここでは無視しておきますし、大雑把に分けるので目で見るとかなり違うフローリングと家具もいっしょにしてあります。

大体似たようなイメージの色ですね。どうして似た感じになるかというと…

f:id:padparacha:20170411211118j:plain

カーソルの丸に注目してみると、彩度と明度が大体同じで、無彩色に近くなっているからです。

なので、見た目はなんとなく収まって、悪く言えばありきたりでつまらない、ということになるのです。

 このことから、ここから変化をつけるには彩度の高いアクセントカラーを配置するのがいい、ということになります。

 

アクセントカラー考

では、アクセントカラーに何を持ってくればいいのか、ここからは個人的に悩んでみたいと思います。

f:id:padparacha:20170411211729j:plain

パターンその1。好きなターコイズブルーを入れてみる。

これからの季節はいいかもしれませんね。少し気になるのは、他の色がやや暖色ではあるのですが、彩度が低いために涼し気なイメージになりそうだということです。

まだちょっと肌寒いですからね…(´ω`)初夏になったらチャレンジしてみたい候補ナンバー1です。

f:id:padparacha:20170411212019j:plain

パターンその2。オレンジも好きです!ちょっとミッドセンチュリーな感じになりそう?落ち着きそうですね。秋冬にはよさそう!

 

f:id:padparacha:20170411213553j:plain

他にもこんなパターンもありそうです。うーん、やはり彩度の強い色を使うのは勇気がいるので、やや低めになってしまいましたが…。

 

こうしたパターンを先に作っておくと、買い物先で何色がいいか迷ったり、買ってきたときに色がごちゃごちゃしたり、といった失敗が少なくなる…はずです。多分…(自分自身が一番信用できないので濁しておきます)。

 

Windows標準アクセサリーのペイントなどでもできるので、皆様もご自分のお部屋のパレットを色々作ってみてはいかがでしょうか。結構楽しいですよ(´∀`)

 


一人暮らしインテリア ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする

盆栽植え替え

f:id:padparacha:20170410221111j:plain

購入したものが届いたので、植え替えました(先日のことなので晴れています)。

同じお店ですが、少量の物が売り切れていたので…。

「少量」とはいえ、手のひらに乗る小さなサイズの鉢では少ししか使用しなかったので、100均で小さな器を買ってきて苔だけの盆栽も一つ作りました。が、それでもまだまだあります。このサイズの苔盆栽ならあと3つくらい作れそう。

綺麗なフサフサの苔です。やっぱり緑が目に入るのはいいものですね…。

 

f:id:padparacha:20170410221923j:plain

こちらが元の豆盆栽。minneで購入しました。器は作家さんご自身が作られたようですが、水道水に含まれるミネラルが白く固まってしまっています。

また、植えてある苔…多分ハイゴケだと思うのですが、こちらも水を切らせてしまったことがあり、茶色く変色してしまいました。

そして一回ひっくり返して全部ぶちまけたこともあり…枯れなくてよかった…!

クチナシは4~5月に植え替え、盆栽は1~2年で植え替えとのことなので、やり直しにはいい機会だとチャレンジ。

 

植え替えの方法については色々なサイトさんを見たのですが、ホームセンターでは赤玉土が5リットルからしか売っていなくてそんなにいらん、と思いハイドロカルチャー用の大きめの粒の砂を買ったら、帰りにダイソー赤玉土0.5リットルを見かけたり。

購入した盆栽用の土が泥状にならなくて、つぶつぶのまま苔の裏側に塗ってはポロポロ落としてみたり。

メインのクチナシの根っこが数本しか生えてなくて心配になったりと、この先不安になる要素が多かったのですが…何とか根付いてくれるとうれしいです。

そしてやっぱり苔を一緒にすると見栄えがいいですねえ。私なんかが作ってもそれなりに見えますね。

 

盆栽は憧れだったので、もうちょっと花が咲く華やかな鉢など増やしてみたいのですが…基本盆栽は外で管理するものなので、日照的にも置く場所が確保できない現状はぐっとこらえています。でも桜の盆栽なんかも素敵です…!

でもまずは今あるクチナシを、できれば大きくして花を咲かせてみたいですねえ…。

 


一人暮らしインテリア ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ 一人暮らしインテリアへ
にほんブログ村

広告を非表示にする